一人ひとりの個性・特性を最大限に活かす指導

PROJECT 1

子供の実態把握を行い、指導の方向性を明確にします。

PROJECT 2

学力・認知・心理の各観点から短期的な目標を立てて、丁寧に繰り返す指導で確実に身につけていきます。

PROJECT 3

具体的な目標を設定し、一つ一つ達成感を得る取り組みを積み重ねていきます。

さらに長期的な見通しを持った指導計画を立てていきます。

PROJECT 4

自立のために必要な社会性を身につけるために、教室だけに留まらず、さまざまなトレーニングも行います。

個別学習教室ひこうき雲では、苦手なこと、出来ないことを「治す」や「克服する」という指導ではなく、「どのように工夫して対処するか」ということを生徒と一緒に実践し、しっかり力をつけていきます。「苦手が治るように努力する」という考え方は、時に子供を苦しめます。それよりも「苦手があっても、対処する方法を知っている子」に育てることが、発達障がいを持つ子には必要なことなのです。こうしたことを子育てでやっていくためにも、もしお子様に障がいがあるのなら(また疑いを持たれたら)まず、親が受容することが第一です。どうか勇気を出して、お子様のありのままを受け入れて頂けたらと思います。

そして、お困りのこと、悩まれていることは私どもにご相談下さい。ひこうき雲は​お子様のこれからの未来を明るくするための指針となれるよう日々研鑽しています。