発達障がい児のための個別学習教室としての使命

見る

聞く

話す

大事なことは「子供の表情を見る」「子供の声を聞く」「子供と話す」ことです。

桜井教室 奈良県桜井市桜井178-2

奈良教室 奈良県奈良市西木辻町120-15

親と子のサポートセンター 個別学習教室 ひこうき雲

0744-45-3677

OUR BRANCHES

 私たち「ひこうき雲」は平成20年より奈良県桜井市で発達障がい児のための学習教室を開いています。私たちは一人ひとりが持つ個性や特性を最大限に活かし、伸ばすことを指導理念に、これまで多くの生徒を進学に、また、社会へ送り出してまいりました。

​ 発達障がい(LD、ADHD,自閉症など)は、いずれも成育環境による後天的な障がいではなく、生まれつきの障がいであることがわかっていますが、近年そうした理解が得られるまでは、成育環境やしつけ、本人の努力不足などによる、社会適応の不全状態と考えられてきました。このような誤解は未だ完全に払拭されておらず、当該のお子さんを持つ親御さんですら、気づかれていない場合も多々あるのです。まして、障がいを知らないお子さんを持つ人には、このような知識を全く持たない人も多く、発達障がい児を取り巻く社会環境は厳しいものがあります。

 発達障がい児にはその子その子に必ず得意な事があります。普通の子よりも優れた能力を持っている子達が大勢います。例えば4年生のA君は、図形の認知能力が高く、パズルや工作がとても得意です。芸術性に秀でた子もいます。漢字練習では鏡字を書いてしまうB君ですが、似顔絵を描かせたら、誰もがびっくりするほどの抜群の描写力を持っています。また、間違い探しが得意なC子さんは、将来、校正の仕事に向いているかもしれません。このように発達障がい児には、その子なりに何か良いところが必ずあります。ですから子供の個性や特性をどのように伸ばすかを考える事が最も重要なのです。